クリスマスにチキンを食べるのはなぜ?いつから始まったの?

季節

C777_pretotree500

クリスマスがもうすぐですね。

キリスト教徒かどうかに関係なく、クリスマスは日本でもすっかり年中行事として定着したようです。

ところで、クリスマスと言えば何を思い浮かべますか?

クリスマスプレゼント、クリスマスツリー、クリスマスケーキなどでしょうか。

もう一つ「チキン」を忘れてはいけませんね。

クリスマスは、日本で一番チキンが食べられる日かもしれません。

でも、なんでクリスマスにチキンなのでしょうか?

スポンサーリンク

欧米ではクリスマスに七面鳥を食べる

097040

アメリカとカナダで祝日となっている感謝祭には七面鳥を食べる習慣があり。クリスマスでもごちそうとしても七面鳥が食卓を飾るようになってます。

では、なぜ七面鳥を食べるようになったのでしょうか?

ヨーロッパからアメリカに移住したとき、冬の寒さで飢え苦しんでいると、先住民から穀物と七面鳥を贈られて、それで飢えをしのぎ生き延びることができました。

翌年は豊作で多くの収穫ができたことから、感謝を込めて先住民と収穫を祝い、そのときに七面鳥を食べました。

これがきっかけとなって、感謝祭として七面鳥を食べるようになりました。

そして、おめでたいときや祝い事のときには、七面鳥を食べる習慣となっていったようです。

また、この習慣がアメリカからヨーロッパへも伝わっていきました。

クリスマスに七面鳥を食べることには宗教的な意味合いはあまりないようですね。

日本ではクリスマスにチキン

日本では、欧米とは違い、「クリスマス」と言えば「チキン」という風習が根付いています。

なんで日本では七面鳥ではなくてチキンを食べるようになったのでしょうか?

日本では七面鳥が手に入りにくく高いことからチキンになった

photo credit: HAMACHI! via photopin cc

photo credit: HAMACHI! via photopin cc

ケンタッキーフライドチキンによると、日本でクリスマスを食べるきっかけとなったのがケンタッキーフライドチキンだったということです。

ある日、日本に住む外国人の方が青山店で「日本ではターキーが手に入らないので、 KFCのチキンでクリスマスを祝おうと思う」とおっしゃって来店されました。
これにヒントを得た営業担当者が『クリスマスにはケンタッキー』を広くアピールしようと考えたのです。
そうして、初のクリスマスキャンペーンは1974年12月1日に開始、以降、KFCでは毎年全店でクリスマスキャンペーンを実施しています。

-ケンタッキーフライドチキン「歴史あれこれ」より

やがて日本では「クリスマはチキン」という風習が根付いたといことです。

これを読むと、日本で「クリスマスにはチキン」を根付かせたのはケンタッキーフライドチキンということになりそうですが、どうもそうではないようです。

日本では昭和初期からクリスマスにチキンを食べていた

105559

 

大手小町によると、読売新聞には、1977年(昭和52年)には新聞にローストチキンのレシピが紹介されていました。

ケンタッキーフライドチキンが、キャンペーンを始めた頃と重なりますね。

しかし、大手小町によるとその新聞記事の中で

ローストチキンは、昭和初期からすでにクリスマスの料理として新聞に登場しているそうです。そして「昭和40年代は、ローストチキン、洋酒、ケーキが『ファミリークリスマスの三種の神器』だった」とか。

大手小町「師走・和のクリスマス」より

日本で昭和初期からクリスマスにチキンを食べていたとは驚きです。

ケンタッキーフライドチキンが「クリスマスにチキン」を始めたのではないようですね。

まとめ

こうして調べてみると、日本では、意外と古くから「クリスマスにチキン」を食べる習慣があったと分かりました。

なぜクリスマスにチキンを食べるようになったのかまでは分かりませんが、七面鳥が日本では一般的ではないので、鶏肉で代用したのかもしれません。

でも、日本で食べていたのは「ローストチキン」のようです。クリスマスにフライドチキンが優勢になったのは、やはりケンタッキーフライドチキンが広めたのでしょうね。

おいしいのでOKです!