DMEメソッドのイングリッシュベルでレベルチェックテストを受けてみた

レベルチェック オンライン英会話

DMEメソッドが学べるオンライン英会話学校のイングリッシュベルでレベルチェックテストを受けました。

イングリッシュベルは無料会員登録すると、2回体験レッスンを受けることができますが、最初の1回は必ずレベルチェックテストを受けることになっています。

会話には自信がないからオンライン英会話を学ぼうとしているので、レベルチェックはかなり厳しいものになると覚悟して臨みました。

スポンサーリンク

イングリッシュベルのレベルチェックテスト

イングリッシュベルのレベルチェックテストは、登録後マイページにログインしてレッスン予約からレベルチェックテストの予約を行うことから始めます。

レベルチェックテストを受ける前は、レッスン予約からはレベルチェック以外は選択できないようになっています。

最初はレベルチェックを受けてくださいということですね。いくつかのオンライン英会話学校で無料体験レッスンを受講しましたが、レベルチェックから始めるのはイングリッシュベルが初めてです。当たり前といえば当たり前ですが、レベルチェックを受けてクラスを決めるのが合理的ですね。

いざレベルチェックテストへ

レベルチェック当日は、予約時間の少し前からパソコンを起動して、Skypeもオンラインにして用意していました。

時間どおりに先生からSkypeでコンタクトがあり、挨拶から始まり、先生からテストの注意の説明がありました。

「質問には完全な英文で答えてください。」と言われます。

いや、だからそれが難しんだけど・・・

レベルチェックテスト、最初は先生とのフリーカンバセーション形式です。先生と会話しながら、様々な質問が飛んできますから、それに答えていきます。これだけ書くと簡単そうですが、「それ日本語で聞かれても少し考えるよ」という質問もあります。そのような質問に対して英語で、しかも完全な英文で答えるのですからかなり大変です。

よれよれになりながらもなんとか終了。なんとか理解してもらえたようです。

その後TOEICのリスニング形式のテストと、スピーキング形式のテストがあって終了です。リスニングはTOEICと比べると、少しゆっくり喋ってくれたので簡単でした。しかし、スピーキングがまた大変、絵を見て説明しろといわれても・・・

あっという間の25分間でした。

レベルチェックテストの結果

レベルチェックテストの結果は、下の画像にあるとおり、総合評価で7.2(Pre Advanced)でした。

English Bell Level Test Report Form

9段階あるうちの上から3番目です。先生の評価は、かなり甘めと思います。

詳細な評価もされているのですが、要約すると、ときどき文法的な誤りがあり、ぎこちない表現もあり、レスポンスに間があるのでもう少し即座に応答できるようにしましょう、といったところでしょうか。

おすすめのクラスに目的のDMEが入っていました。

イングリッシュベルでDME受講してみようかな。