餃子のイチローで教わったおいしい焼き方を家でやってみた

餃子

餃子専門店イチロー。お店は神戸・三宮の「さんプラザ」の地下にあります。カウンターだけ8席程の小さなお店なのですが、ネットではこのイチローの餃子がバカ売れなんだそうです。

ネットではこちらで買えます→餃子専門店イチロー

イチローでは餃子のお持ち帰りもできるので、今回は焼いてない餃子を買って家で焼いてみることにしました。

餃子は1人前7個で280円。

買うときに、イチローのおばちゃんに「焼き方分かる?」と聞かれて、あいまいな返事をしたら、焼き方を親切丁寧に教えてくれました。

そのとおりにやると、家でも上手に焼けるでしょうか?

やってみました。

スポンサーリンク

イチローの餃子の焼き方

それでは、教わったとおりにイチローの餃子を焼いてみましょう。

最初にフライパンを用意。

油をひいて、ごま油があれば、ごま油も少々。まだフライパンを熱してはいけません。

餃子をフライパンに並べて。

フライパンに餃子

水を入れます。水の量は、餃子がひたひたに浸かるまで。餃子の約3分の1が浸かるまで水を投入。

水と餃子

ここで火を点け、強火にし、フライパンにフタ。

フライパンに蓋

中の水が沸騰し、蒸気となって蒸発していきます。中を覗きたいところですが、我慢。

沸騰中

水が無くなるまで、このまま待つ。ときどき見ていないと、水が無くなったときに餃子が焦げ付いてしまうから注意です。

水が無くなったら、フタを取って弱火

弱火で焦げ目

ここで焦げ目を付けていきます。

焦げ目を確認したいところですが、ここでおばちゃんの注意事項フライパン返しの表を使ってはダメです。餃子が破れてしまうことがあるから。

ダメな例

正しいやり方は、フライパン返しの背を使って、持ち上げるように。

正しいやり方

こうすると、餃子の皮が破れなくていいんだそうです。これ、毎日餃子を焼いてる人の豆知識。

さて、上手に焼けたでしょうか?

餃子

なかなかいい感じ。おいしそうに焼き上がりました。

ただ、家のフライパンでは火の位置で、若干焼きムラができますね。

いただくときはもちろん、イチロー秘伝の味噌ダレです。

イチローの味噌だれ

なかなか上手においしく焼けました。

ただ、反省点は餃子同士が密集してために、焼いたときにくっつき過ぎてしまいました。今後は餃子同士の微妙な距離感も研究したいところです。

まとめ

餃子のイチローで教わったとおりにやったら、家のフライパンでも餃子が上手に焼けました。おいしいのは、イチローの餃子がもともとおいしいので当たり前かな。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする