神戸のえべっさん兵庫の蛭子神社の参拝順路と神様を十日えびすの前に確認

神戸は柳原のえべっさんこと兵庫の蛭子神社。兵庫駅の近くにありながら、普段は静かで落ち着いた神社です。

その静かな神社が十日戎のときには、毎年40万人もの人出で賑わいます。

十日えびすのときには、人の流れに乗って参拝するため、ただ「えびす様」だけを目当てにお参りしているということはありませんか?

こじんまりした参拝の順路ですが、商売繁盛と幸運が詰まった場所になっています。

柳原の蛭子神社に毎年お参りしている人も初めてお参りする人も、お参り前に予習してみませんか。

スポンサーリンク

神戸のえべっさん柳原蛭子神社十日えびすの期間

十日えびすは、毎年1月9日から11日の間に行われます。

1月9日を「宵えびす」

1月10日を「本えびす」

1月11日を「残り福」

と言い、この3日間盛大にお祭が執り行われています。

えびす様をお祀りする神社の総本山は西宮神社です。

兵庫の蛭子神社が総本山ではないからといって、西宮神社よりご利益が劣るということはありません。日本の神様はどこにお参りしても同じですから、安心してくださいね。

神戸のえべっさん柳原蛭子神社十日えびすの参拝順路

神戸のえべっさん兵庫の蛭子神社へは、JR兵庫駅を降りて南に出て、すぐに通りを東に向かって少し歩けば鳥居が見えてきます。

十日えびすの頃は人通りが多く、人の流れに付いて行くだけです。

通りの向こうに赤い鳥居が見えますが、十日えびすのときはこちらは出口になっていて、ここからは入れません。

柳原蛭子神社鳥居

人の流れにしたがって行くと、最初に「福勝寺」というお寺に入ります。

「蛭子神社にお参りに来たのに、何でお寺?」
と思わないでくださいね。

このお寺の本堂には「大黒様がいらっしゃいます。

大黒様はもとは五穀豊穣の神様ですが、財や食をもたらす開運招福の神様として信仰を集めています。

また、えびす様と大黒様は一組で信仰されることもあるので、ここで大黒様にお参りすることは意味があるのです。

福勝寺大黒尊天

さて、福勝寺で大黒様にお参りを済ませると、十日えびすのときはお寺の裏手から外に出ます。

すると、遍照光院というお寺があります。

ここは、正式には「真言宗 別格本山 じゅず大師 遍照光院」というようです。

ここで数珠をガラガラと引いてる人を見かけますね。この数珠一周で108あるそうです。

遍照光院数珠

ここを過ぎて行くと、目的の「蛭子神社」の鳥居が現れます。

十日えびすのころはこちらから神社に入ります。

蛭子神社鳥居

人が多くて見落としてしまいそうですが、鳥居を入ってすぐ左手に「えべっさん」こと「えびす様」がいらっしゃいます。

見ているだけで幸せになりそうなお顔ですね。

えべっさんは釣竿を持った姿から、もとは漁業の神様でしたが、今は商売繁盛の神様として信仰されています。

恵比寿様像

そして、手水舎の隣には、これまた見落としてしまいそうですが、「水神社」があります。

かなり古くからあるようですね。「雨乞い」の神様とされているようです。

水神社

そしてこれが本殿。

十日えびすの頃は本殿の中にマグロなどが奉納されていますね。

こちらでえびす様にお参りしましょう。

蛭子神社本殿

さて、えびす様にお参りすると、本殿隣の社務所で「福笹」や「御札」を買えるので、そちらについ目が行ってしまいます。

でも本殿右手のお稲荷さんを忘れないで下さいね。

こちらが「西日本稲荷神社」です。

お稲荷さんも「商売繁盛」「五穀豊穣」の神様です。こちらも忘れずにお参りしましょう。

蛭子神社のお稲荷さん

ここまで来れば、参拝は終わりです。

赤い大鳥居から出て、兵庫駅に向かって帰りましょう。

まとめ

いかがでしょう?

神戸は兵庫のえびす神社のあたりは、

  • 開運招福の大黒様
  • 商売繁盛のえびす様
  • 商売繁盛、五穀豊穣のお稲荷様

と商売繁盛と開運招福の詰まったエリアになっています。

十日えびすのときにはものすごい賑わいを見せますが、一つ一つ丁寧にお参りしたいですね。

もし十日えびすで福笹を買って、飾り方が分からないときは、以前書いた記事「十日戎(えべっさん)で買って来た福笹の飾り方は?どこにどう飾る?」をごらんください。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする