しぶんぎ座流星群 毎年1月に見られる流星群を予習

medium_8346931819
photo credit: Rocky Raybell via photopin cc

昨日はふたご座流星群の動画を紹介する記事を書きましたが、今日は毎年1月に見られる「しぶんぎ座流星群」の予習をしておきましょう。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群とは

しぶんぎ座流星群は、一年の最初を飾る流星群で、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群と並び三大流星群のひとつです。

しぶんぎ座流星群は、毎年1月に入った頃から流れ始め、5日ころまで見られます。毎年3日頃から活動が活発になり、ピークは4日頃とされますが、ピークの時間帯は数時間しか続きません。

そのため、ピークの時間が昼になるか夜になるか当たり外れがある流星群です。

しぶんぎ座流星群の動画を紹介

それではしぶんぎ座流星群の動画を紹介しましょう。

最初は2012年に撮影されたしぶんぎ座流星群の動画です。前半に多くの流星が見られます。

次は、2012年に岩手県で撮影された微速度撮影のしぶんぎ座流星群です。

最後は、しぶんぎ座流星群のオーロラ爆発の動画です。
流星が出る前に「このあたり」と表示が出るので、流星を見逃す心配がなく、安心してオーロラを見ていられますよ。

こちらは英語の勉強用に。ネイティブもしぶんぎ座流星群の英語を読めないの?

ピークの時間には1時間に20から40もの流星が見られるようですが、ピーク時間が短いため観測も難しそうですね。

2014年のしぶんぎ座流星群

来年2014年のしぶんぎ座流星群の観測条件ですが、月は三ヶ月程度ですので月明かりを心配する必要は少ないようです。

ピーク時間は1月4日の4時頃とされています。4日に日付が変わってから明け方までがピークと目されます。

これだけの観測条件が揃うのはとても珍しいことのようで、観測条件としては最高ではないでしょうか。あとは天気が心配ですね。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする