地球に似た惑星は銀河系で600億。で、地球外に生命体はいるのか?

ニュース

medium_3741816315

ナショナルジオグラフィックニュースの記事ですが、

生命の居住条件を備えている可能性があり、天の川銀河で最もありふれた恒星である赤色矮星の周囲を回っている惑星は、600億個にのぼる可能性があると最新研究が示唆した。これは従来考えられていた数の2倍だ。

ということです。

600億も?と思って記事を見たのですが、従来考えられていた数の2倍ということなので、これまでも300億はあると見られていたということですね。

で、じゃあ、生命は存在するのか?というところが気になるところですが、

英国では地球外知的生命体探査のための専門家ネットワークができたようです。

単純に自己複製して増殖するような生命体はどこかに存在するんじゃないかなと勝手に想像しておりますが、地球外に生命体が見つかるかとなると生きているうちには無理じゃないかと素人ながらに思っています。

地乳に似た惑星の数は600億?

地球外知的生命体探査の専門家ネットワーク、英国で設立

 

photo credit: c@rljones via photopin cc


コメント