神戸鷹取の洋食屋さん「きまぐれCucina」でチキン南蛮カツ

チキン南蛮カツ

仕事で昼時にオフィスにいると、ランチはどうしてもマンネリ化しがち。

外出するときにランチのタイミングと合わせて、出先でランチを探すのもささやかな楽しみのひとつです。

今回は神戸の鷹取に行く用事があったのでランチするとことろを探してみました。「鷹取にあるのか?」と思いながら調べて、洋食のお店「きまぐれCucina」を見つけて訪れてみました。

スポンサーリンク

きまぐれCucinaに行く

関連ランキング:カフェ | 鷹取駅板宿駅東須磨駅

きまぐれCucinaの場所は、JRの鷹取駅から北に出て、「だいち小学校」の東です。

小学校の東にある三叉路の信号から東に渡ります。写真では分かりにくいですが、お店はもう見えていますよ。

cucina002

閑静な住宅街の中にあって、小さな看板があるだけ。

cucina003

通りすぎて振り返ってみると、

cucina001

東から見ると、看板とメニューが見えます。

こじんまりとした小綺麗な感じのお店です。

平日のお昼時、住宅街のド真ん中にある感じのお店ですが、それでも近くには会社もあり、もしかすると混み合ってるかもと思いながら中に入ってみました。

ボリューム満点のチキン南蛮カツ

あれっ?お昼時なのに、意外と空いていました。

中にはテーブルが数席と、カウンターに4席。空いていましたが、1人なのでカウンターに座りました。これから混むかもしれないしね。

店内には「混雑時には1時間で食事してください。」といった注意書きもあるので、混むときは混むのですね。訪れた時は、たまたま空いていただけかもしれません。

さて、メニュー。日替わりのランチもありますが、この日のメニューは麻婆豆腐と何か。ブログの絵的にパッとしないかなと思って、違うものを探します。

店内の黒板に書いてあった、「チキン南蛮カツ」に惹かれ、これをオーダー。

しばらく待つと、チキン南蛮カツが出来上がりました。

チキン南蛮カツ

メインのチキン南蛮カツの他に、ライス、スープ、デザートのゼリーが付いています。

見た目はカツですが、食べてチキン南蛮カツのネーミングの意味が分かりました。チキン南蛮のように外はカリっとした歯ごたえ、酸味の効いたソースがかかっています。そして、タルタルソース。

チキン南蛮ともチキンカツとも言えない感じ。でも、とてもおいしい。また、ボリュームもかなりあって、十分お腹一杯になりました。

このお店、近くにあったら、間違いなく通います。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする