潮干狩りに行くときの服装と持ち物まとめ

潮干狩り

だんだん暖かくなて、潮干狩りを行うベストなシーズンがやってきます。

潮干狩りは家族や友達などみんなで手軽に楽しめるのがいいですよね。特に小さいお子さんがいる家庭には、季節のレジャーとしてもオススメです。

でも、せっかくなら万全な準備をして潮干狩りに挑みたいものです。

今回は潮干狩りを快適に楽しめるための服装と持ち物についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

潮干狩りの服装

まずは服装からです。

潮干狩りは、貝を掘る作業を長時間行うので、日焼けや日射病対策に帽子は必需品です。

日焼け防止には長袖もお勧めです。日焼け防止以外にも海辺は風が強い為、体が冷えてしまうこともあるので、長袖は防寒対策の意味もあります。パーカーなど脱ぎ着出来るものがあれば自分で調節出来ますね。

女性の場合、下はスカートよりはパンツですね。しゃがんでの貝を掘るのでスカートだと貝を掘ることに集中出来ないかもしれませんね。半ズボンがベストですが、日焼け対策や半ズボンがない方なら長ズボンの裾をまくって作業して下さい。

子どもと一緒に行く場合、服の着替えは必需品です。水の中で座ったりこけたりと何が起こるか分かりませんので。濡れることを想定して水着を着せてその上にシャツを着せるのもありです。

濡れるかもしれないのは大人も同じです。大人も念の為に着替えを準備していたほうが安心かもしれません。

靴ですが、裸足が一番いいのかもしれませんが、貝殻などで怪我をしてしまう可能性がありますので何か履いた方がいいでしょう。サンダルでもいいかもしれませんが、波に流されてしまう可能性がありますので、長靴の方がお勧めです。

最後は軍手ですね。日焼け防止や砂を掘る際に怪我をしないようにするためです。

家族で潮干狩り

潮干狩りの持ち物

次は持ち物。

まず熊手は絶対必要です。これがないと名人ではない限り砂は掘れません。先が丸いものより尖っている方が掘りやすいですよ。下のようなシャベルがあると、ザクザク捕れそうですね。

アナジャコも穫れるようなところに行くときは、アナジャコ釣りのために「」も持って行きましょう。

網とざるもあると便利です。網はとった貝を入れるのに必要です。ざるはとった貝をいちいち網に入れるのがちょっと面倒なのである程度ざるに入れてから網に移すほうが効率がよいです。

貝を持って帰る容器も必要です。貝と一緒に海水も一緒に入れるので密閉できるタイプがいいですね。

また、気温が高いと貝が傷みやすくなるので保冷剤などあった方が貝は傷まないですみます。

タオルも何枚か持って行きましょう。日よけ防止に首に巻いたり、手を拭いたりとあると便利です。

ビニール袋も同じく何枚か持って行きましょう。これはゴミを入れたり、濡れたものを入れたりするのに使用します。

長時間の作業になりますので、お腹が空いたりのどが渇いたりするかもしれません。食べ物・飲み物を用意は必須ですね。

ちょっとした怪我をするかもしれませんのでバンドエイドを持って行くと便利かもしれません。

かばんはリュックサックなど両手が使えるタイプがいいですよ。

何かこうやって見てみると、いろいろ必要ですね。こういうセットを探すのが面倒でないかもしれませんね。

まとめ

あさり

スーパーなどでアサリを買って食べても美味しいですけど、自分で獲ったのを食べるとまた違った美味しさがありますし、何より楽しいですよね。

万全の対策・準備をして楽しく潮干狩りを楽しんで下さい。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする