クラウドサービスどれだけの容量が使える?自分で使っているサービスを振り返ってみた

medium_14135377883

クラウドサービスはたくさんあり、利用している方も多いでしょう。

登録だけなら無料でできるので、気軽に登録したのはいいものの、登録しただけでほとんど利用していないものもあります。

それでも全て合わせると一体どれ位の容量が使えるんだろうと、ふと疑問に思ったので、自分が利用しているクラウドサービスと容量をまとめてみました。

スポンサーリンク

Evernote

Evernoteは、他とは少し違って、クラウドにメモなどあらゆる情報を保存できて、保存したものを検索して利用できるサービスです。

ここは有料のプレミアムサービスを利用しています。有料サービスにすることで、1ヶ月にアップロードできる容量が60MBから1GBに増えます。

また、無料からプレミアムにアップグレードにすると、PDFファイルやオフィスファイルの中身まで検索できるようになります。このEvernoteはとにかくあらゆるものを保存しておいて、あとで検索して探せるのが最大のメリットなので、プレミアムにする価値はあります。様々な資料や名刺をPDFにして保存すれば、ペーパーレス化にもなります。その他にもウエブページをまるごと保存しておくこともできます。

iMacのような画面が大きいMacで使うと、EvernoteのソフトでPDFファイルを見ても、とても見やすく使いやすいです。

1ヶ月にアップロードできる容量に制限はありますが、保存できる総容量に制限はありません。だから容量を気にせずファイルを突っ込めます。

下記リンクから登録すると無料で1か月Evernoteプレミアムを利用できます。
Evernote

Dropbox

言わずと知れた、クラウドストレージサービスの定番ですね。

無料アカウントでは2GBしか利用できません。しかし、様々に容量を増やす方法があるので、無料アカウントでもそこそこの容量に増やすことができます。

私は無料アカウントですが、容量は9.63GBになっています。そのうちカメラアップロードでiPhoneの写真をアップロードすることで5GB無料で増えています。

何も意識しなくても自動でファイルの同期ができるので便利です。

パスワード管理ソフトの1PasswordのファイルをDropboxで同期して複数のデバイスで利用しているので、Dropboxが無いとネットで身動きが取れなくなってしまいます。

下のリンクから登録すると500MBもらえます。2.5GBから始められます。
Dropbox

SpiderOak

ここもDropboxと同じようにファイルを同期するクラウド・ストレージサービスです。他に特定のフォルダまたはファイルをクラウド上にバックアップのみすることもできます。

ただ、日本語にローカライズはされていないので、ソフトは全て英語です。日本語のファイルは扱えますが、英語が苦手な方には厳しいかもしれません。

最大の特長は「ゼロナレッジ」と言われ、保存しているファイルは、自分以外の誰も(SpiderOakの社員も)見ることができないようになっていることです。秘密性の高いファイルを保存するのにはいいですね。

無料では2GBから始められます。ただ、以前SpiderOakを紹介した記事から登録していただいた方がいらっしゃるので、今は9GB使えます。

下のリンクから登録すると1GBもらえて、3GBから始められます。
SpiderOak

Copy

Dropboxよりいいもと言われている新しいクラウドストレージサービス。

無料でも15GBから始められます。Twitter投稿で2GB、メールアドレス認証で5GBプラスされます。それだけで今無料アカウントで22GBあります。

また、3GBのフォルダを3人で共有したとき、Dropboxでは3人共ストレージ容量を3GBを使用しますが、Copyでは容量を分けあって一人1GBずつの利用で済みます。合理的ですよね。

下のリンクから登録で、5GBプレゼントで20GBから始められます。Dropboxと比べるとかなり太っ腹なクラウドサービスですね。
Copy

Box

様々なアプリケーションと連携して利用できるクラウドストレージサービス。オフィスソフトとの連携、ファイルの共有などビジネスユースを意識した作りです。

無料で50GBもらえるときに登録したので、50GBの容量を確保しています。が、ほとんど使っていなくて、普段あまり使わないファイル置き場となっています。

下のリンクから登録で10GB無料で利用できます。おまけはありません。
Box

Google Drive

GoogleのサービスでGmailなどと合わせて無料でも15GB利用できます。

ファイルを共有して利用できるのが便利ですね。

OneDrive

マイクロソフトのクラウドサービス。Windows8とは親和性が高そうなので、Windowsユーザーは登録してもいいのではないでしょうか。

今は新規登録で7GBしかもらえないんですね。私は無料で25GBのときに登録したので、25GBの容量があります。ただ、全く使っていません。

下のリンクからで500MBおまけがもらえます。
OneDrive

SugarSync

以前英語版を登録していたのですが、英語版の無料サービスがなくなりました。日本語では5GB無料で利用できます。

同じように使えるSpiderOakがゼロナレッジで使えるので、そちらを利用しています。一応日本語版も登録はしてみましたが、使っていません。

下のリンクから出500MBもらえます。
SugarSync

Amazon Cloud Drive

amazonにアカウントがあれば、10GB無料で使えます。うち、CloudDriveが5GB、SendToKindleというKindle専用のドライブが5GBです。

ここも使っていないです。

Amazon Cloud Drive

まとめ

ここまでで、Evernoteを除いて、クラウド・ストレージだけで約145GBあります。無料でも結構ありますね。

ただ、全部使うと起動に時間がかかるようになるので、普段使っているのはDropboxとSpiderOak、Copyです。

あっ、そういえばまだ他にiCloudやFlickrがありました。Flickrは写真の保存で1TBですね。

photo credit: ▓▒░ TORLEY ░▒▓ via photopin cc

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする