PM2.5対応マスクは日本のくればぁ製が人気。洗って繰り返し使えるものも!

雑記

medium_12657652825

PM2.5の濃度が上がって、今日は各地で注意喚起がされました。

PM2.5は粒子が小さく一般のマスクではあまり効果がなく、医療用や産業用の高性能な防じんマスクを環境省は推奨しているようです。

そうは言っても、使い捨てのマスクでは経済的ではないような気がして、繰り返し使えるマスクを探してみました。

スポンサーリンク

PM2.5とは何?

PM2.5とは、直径が2.5マイクロメートル以下の小さな粒子で工場や自動車から出る排ガスなどが正体と言われています。

ちなみに1マイクロメートルは1000分の1ミリです。

PM2.5は喘息や気管支炎を起こす可能性があり、さらには肺がんのリスクも上昇すると言われています。

国内でもPM2.5はもちろん発生していますが、大気汚染が深刻な中国から偏西風に乗って飛来しているものが日本にも深刻な汚染を引き起こしているとされています。

中国の大気汚染

中国の大気汚染がどのくらいひどいかはニュースなどで見たことがあるでしょう。

中国では習国家主席がマスクをしないで北京市内を歩いたことが、一般国民に寄り添う姿として賞賛され、「同じ空気を吸い、同じ運命を共有する」と報道されるくらいです。

習国家主席、スモッグが覆う北京市内を異例の訪問

このニュースを見るだけで、どれほど中国の大気汚染がひどい状態であるかがよく分かりますね。

PM2.5対策マスク

PM2.5対策にマスクをするにも、一般のマスクでは効果がないということなので、PM2.5に対応したマスクをしないといけません。

使い捨てのマスクはいろいろあるのですが、今後もPM2.5が飛来することを考えると、長い目で見ると使い捨てのマスクは経済的ではありません。

洗って繰り返し使えるマスクとして一番人気は、日本のくればぁ製のものでしょう。

なんたって、

  • PM2.5に含まれる0.1マイクロメートルの微粒子を99%除去
  • 日本気象協会が薦めるマスクに選ばれた
  • 手洗いなら100回は繰り返し使える

というメリットがあります。

さらっと99%除去と書きましたが、よく見ると0.1マイクロメートルの微粒子も除去できるんです。これ、PM2.5よりさらに小さいPM0.1と言うべきものです。そこまで止められる試験結果が出てるということです。

7000円近い値段なので普通のマスクと比べると割高に感じますが、それでもテレビや新聞の取材が殺到し、一時は入手困難になったほどの製品です。性能を考えると値段としては妥当ですね。

健康のためには必要な出費なんですかね。

ていうか、中国に大気汚染対策をしっかりやって欲しいものです。

それでもやっぱり使い捨ての方がいいというときは↓

photo credit: Sunset Noir via photopin cc


コメント