雪が少ない地域だからこそ備えておきたい雪対策グッズを探してみたよ

雑記

先週、今週と東日本は大雪で大変な状況になっていますね。

神戸は雪がちらつきましたが、その後雨に変わり、町中に雪は残っていません。六甲を超えて北区に行くとまた状況は違うのでしょうが。

普段雪が少ない地域でこのような大雪が降ると、普段の備えが無いだけに大変な状況になりますね。

そこで、雪が少ない地域でも備えておいたほうがよさそうな雪対策グッズを調べてみました。

スポンサーリンク

外出のためのグッズ

まずは、安全に外出するためのグッズを探してみました。

靴のすべり止め歩行用スパイク

雪国の方は雪道を歩くのに慣れているのでしょうが、雪が少ない地域ではそうではありません。滑って転ぶと大怪我をすることもあるので、滑らないようにしたいところです。ただ、雪のための靴を買うのは経済的ではありませんので、もう少し違うものがいいですね。

で、見つけたのが、この靴に取り付けるスパイク。

マジックテープで簡単に取り付けができます。パンプスにも取付可能なので、通勤や通学にも使えますね。

車で出かけるには

雪の日に車で出かけるには、まずフロントウインドウに積もった雪を下ろすところから始めなければなりませんね。

足回りは大問題です。スタッドレスタイヤを履いていればいいですが、温暖で雪が少ない地域ではスタッドレスタイヤを履いていることは少ないでしょう。そういう場合、チェーンを付けないといけませんが、チェーンを付けるのは面倒だし、そんなに距離を走るわけではないという場合、スプレー式のチェーンなんていう便利なものが売られています。

ノーマルタイヤが冬用タイヤに変身!

効果は70kmです。レビューを見ても、そこそこ使えそうです。ただ、やはり足回りは重要なので、あくまでも緊急用と割り切った方がよさそうな気がします。

雪かきだ!

雪が少ない地域では雪かきグッズを備えている方は少ないのではないでしょうか。私も何年か前に雪が積もったときには、チリトリで雪かきをしましたが、かなり腰に来ました。

雪かきグッズもいろいろあったのですが、基本はやはりスコップですね。

軽くて使いやすそうなのがいいですね。

カーポートや軒先の雪下ろしが必要なときは。

 

室内で快適に過ごすために

大雪でエアコンの室外機が埋もれてしまったり凍結したりして、エアコンが使えなくなる可能性があります。

エアコンが使えないときに備えて、他にも暖房器具があった方がよさそうです。コタツがあればそれでいいでしょうが。

停電した時のために、灯油のストーブが必要でしょうか。

コロナ:石油ストーブ(対流型)/SL-51F-Wホワイト

コロナ:石油ストーブ(対流型)/SL-51F-Wホワイト
価格:14,700円(税込、送料込)

 

まとめ

備えあれば憂いなしと言いますが、どこまで揃えるかは悩ましいところです。

我が家の場合、スプレー式のタイヤチェーンとスコップは揃えたいと思います。


コメント